top of page

NEWS

2023/06/12
【6/11(日)vs 東京ベイFC】試合後コメント
​▶尹星二監督のコメント
現段階で1位、2位の直接対決で山場の試合。
中盤で空いたスペースを突き、うまく抜け出して先制した。その後は、相手の攻撃を耐えながらカウンターという展開が続く。守備面ではよく集中していたし、体を張って防いだ。攻撃に出たときにもう一つ余裕があれば前半のうちに追加点もあったかなという状況のなか1-0で折り返した。
後半は早いうちにセットプレーから失点を許し、同点に追いつかれた。さらにうまく合わせられて失点し逆転された。時間もまだ残ってたので、反撃したかったがゴールは遠くそのまま終了。どうにかリードで逃げ切るか、挽回できたら良かったが。
痛い敗戦となった。
まだまだ続くので、しっかり向き合ってやり続けるしかない。
▶愼鏞紀選手のコメント
ー試合を振り返って。
雨の中応援ありがとうございました。
優勝候補との上位対決、毎年この壁を越えることが出来てなかったので何が何でも勝ちたい試合でした。
うちのエース、チャンスのゴラッソで先制しましたが、その後は防戦一方の流れでした。前半カウンターでチャンスがありましたが仕留めきれずどうにかDF陣が身体を張って前半リードで試合を折り返すことができました。
後半は気合い入れて望みましたが、終始相手に押し込まれる展開に。
相手の方が勝利への執念、強度が勝り、完全に力負けし逆転されました。
気持ちというよりも、各選手コンディションをもっと上げて試合に臨むべきだと思いました。
相手に経歴いい選手もいましたが、しっかりトレーニングしてるチームだったし、そこに勝つにはもっとトレーニングに参加してチーム力を高め合っていくしかありません。
試合で勝つことは簡単ではありませんがもっとサッカーを楽しんでやっていきたいと思います。
まだ終わったわけじゃないので残りの試合全勝して他力ですが頑張ります。
諦めません!
▶高志煌選手のコメント
ー試合を振り返って。
前半から相手の猛攻を耐え凌ぐ時間が続きましたが、どうにか耐えながらカウンターで先制できたことは計算通りのゲームプランだったと思います。
決めたキンチャン(金将秀選手)も練習から集中して取り組んでいたとのことで、成果に繋げれたのは個人的にも嬉しいです。
後半に入りDFラインが下がってしまい、中盤と間延びし始めて立て続けに2失点してしまったことは、チームの実力不足、勝負弱さが出たと思います。
ただ、これでシーズンが終了したわけでもなく、まだまだ諦めるには早いので可能性が1%でも残っている限り全力で戦うことを約束します。
最後に、昨日の試合負けはしたものの、チームとして一体感を持って戦うというベースは作れてきてると思うので、下を向きすぎず、応援してくださるスポンサー様や色んな方々の想いを胸に最後まで戦い抜きたいと思います。
いつもご声援いただき、コマッスンミダ。
bottom of page